37歳妊活チャレンジ

35歳で4つ年下の夫と結婚。2020年怒涛の年に妊活スタート。甘くみてました。できれば自然妊娠希望ですが、さてどうなるでしょうか..

生理再開✨

 

繋留流産後、初の生理がきました。

生理がきて喜んだのは初めてかもしれません。

 

お祝い(を言い訳)にシルバーウィーク初日は早起きしてパンケーキを食べています

f:id:mimi_blog:20200919101204j:plain

近所のご馳走、コナズ珈琲のティラミスパンケーキ


生理が来た日はちょうど子宮内容除去手術をしてから23日後だったので、いつもの生理周期くらいの間隔でやってきました。(私の生理周期は平均より短いです)

 

先日、術後の経過観察でまた病院へ行きましたが子宮頸がんとクラミジアの検査結果⇨陰性、血液検査の結果や経膣超音波での子宮の様子⇨問題なしで次の生理がきたら妊活再開OKとのことでした。

その日いつもの先生ではなく、院長先生の部屋に呼ばれてかなりドキドキしたのを思い出しました。検査結果を聞くまでの時間って緊張しますよね..

 

鍼灸治療も1ヶ月くらいお休みしてましたが、来週から再開です。

鍼灸の先生から繰り返し、体を整えることと同じく心を整えるのが大事なことをメールやり取りでも教えてもらい、今は自分の心地良いと思うことを見つけて無理や我慢はしない生活を心がけていきたい(もともと無理しがちな性格ゆえ..)です。仕事はテレワーク続行中。

 

シルバーウィークは関東、天気があまり良くなさそうですがちょっと自然求めて出かける予定です⛰

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

 

 

繋留流産〜子宮内容除去術を終えて

前回出血後、病院で繋留流産と診断され急遽翌日「子宮内容除去」の手術となり、

あれよあれよという間に翌朝を迎えました。

 

8:40、病院入り口に旦那氏の運転で到着。

帰りも麻酔のフラつきが残るようで自分一人で帰るのは不安。夕方また迎えに来てもらうことに。

 

前日までとは違う2階の受付で昨日渡された手術の承諾書もろもろの書類を提出→血圧と体重を測って看護師さんに呼ばれるまで待機です。待ってる間、産後入院中の方々も同じフロアであることに気づきます。

 

9時を少し過ぎてベテラン看護師さん風の方に呼ばれ、まず手術前の診察へ。

先生に超音波で胎嚢を見てもらい昨日と同じ状態であることを確認、出血や腹痛の様子などを聞かれました。この日は出血はあるものの腹痛は何故か軽くなっていたのでその旨つたえました。 がこの時、

昨日手術の説明で、手術前に出産未経験の人は子宮口を広げて除去手術をスムーズに行う為(絵で見ながら説明を受けましたがあまりイメージできず..)何やら細い棒を入れ2時間くらいかけて拡張させるような事を言われたのをふと思い出します・・!

 

この台の上で(お股広げたまま)2時間の放置?!

そんな絵面が一瞬よぎりましたが実際には違いました。

あとでちゃんと調べると結構この前処置が痛い(もしくは激痛)という感想が他のブログ等を見ても多かったんですが、

長細い器具を一気に膣内に入れタンポンのように奥まで入れた後は一瞬にして終わりという感じだったので痛みを感じるまもなく終了。

その名も「ラミナリア」というもので、出産の時も事前に行う事があるようですが病院や先生によってやり方が違うのでしょうか?私は全く痛くありませんでした。

事前によく理解していなかったので、恐怖心がなく力も入ってなくてそれが逆に良かったのか??

 

その後ベッドのある4人部屋に案内され、そこで看護師さんから私が指輪をつけっぱなしだったので取るように言われた時に〇〇さん裸眼ですか?と聞かれ、コンタクトですと答えると昨日事前の説明ともらった紙にも当日は化粧・ネイル・アクセサリー・コンタクトは取るよう指示があったのに全然眼鏡とか持ってきてない自分に気づく場面もありました。

自分が流産と判明してからその時までなんとか冷静でいたつもりが、もらった説明書も目を通しただけで全然頭に入っていなかった、そんな状態でした。

コンタクト外し忘れ問題は看護師さんに注意されるとかは無く、どなたかのコンタクト保存液を見つけてきて頂きケースも代用の物をどこからかすぐ見つけてきてくれて事なきを得ました。優しい。。

 

カーテンで仕切られた隣のベッドには既に一人、手術待ちの人がラミナリア処置はしない経産婦の方なのか、私が来てから30分後ぐらいで呼ばれ手術室へ向かいました。

 

15分後くらいでしょうか。

ストレッチャーで運ばれ横のカーテンが揺れ、数人の看護師さんに囲まれてベッドに移動した様子が物音から分かりました。

しかし麻酔が効いているはずのその瞬間です。

〇〇さん姿勢どうしますか?という看護士さんの呼びかけに「く、苦しい・・」と微かな声が聞こえてから何やらバタバタと音が変わっていきました。。。

その方は麻酔の効きが浅かったらしく、既に意識はありかなり嘔吐されてる模様。それからも何回も具合が悪くなるとナースコールを押しその度に看護師さんが来ています。

 

「これ私の1時間後の姿、、、!?!?」

それまで全身麻酔への恐怖はなかったのにそこでもう完全に怖くなってしまって看護士さんが何度か出入りする中、私をさっきこの部屋に案内してくれたベテラン看護師さんがチラッとカーテンの隙間から見えたので呼び止めました。

 

そこで、今更ながら今回の手術が本当に必要なものなのか?

胎嚢が自然排出されるまで待つことより手術をする事の方が本当にリスクは少ないのか?など失礼ながら聞いてしまいました。

私の手術への恐怖も伝わったのか、昨日の今日ですからまずは納得された上で手術をされた方が良いと思うので先生含め今の状況を改めて見ていただき、それで納得した上で手術を行いましょう。と、先生の元へ連れられ一緒に向かいました。

 

部屋を開け、経膣超音波で私の胎嚢の状態を確認しながらやはり今の状況で子宮の中で出血が続くと感染症のリスクも上がるので、手術は早めにする必要があること。

全身麻酔の副作用はかなり個人差があること(代謝が良い人は副作用があまりない傾向にあるなど)を聞き、私の場合はどうなのかは一旦置いといて、次にまた妊娠を望むのであればもうこのまま手術をした方が良いと言う言葉で私も納得できたので、覚悟を決めました。

 

納得したのでどこかにまた移動するかと思いきや、ここ本番の手術室でした。 w

ベテラン看護師さんにさっき先生にお話しを聞きに行くというテイでナチャラルに手術台に誘導されていたんですね(恐るべしベテラン技・・)。

 

で、いよいよ始まります。

心電図や抗生物質の点滴を入れたりと準備が始まりました。

看護師さんがふとお酒は強いか?と何故かこのタイミングで聞かれ「弱い方です。」などと答え麻酔の点滴がもう始まるところでした。

これも後で調べたら、アルコールに強いと麻酔の効きが弱いらしく追加で麻酔を入れる必要があり、その結果副作用も起こりやすくなったり場合によっては手術中も意識は残り痛みも感じることがあるよう(怖いです..)。

 

「喉の奥が少し違和感感じますよー。」と聞いたが最後、長いような短い変な夢を見てベッドの上で目を開けました。

目がちゃんと開くまでは夢と現実が入り混じる不思議な時間を過ごし、やっと頭が少し起きてようやく無事終わったことを理解しました。

時計を見ると手術室に誘導されてから1時間が経っていました。

 

副作用による体調変化は無し(その時の体調にもよるようです)、ナースコールのボタンが手に添えられているのみ。寸前でああだこうだと言ってた割りに随分効きがよかったようで移動されたのも何にも覚えていませんでした。

 

それにしても横のベッドの方、帰るまで本当に具合ずっと悪そうで気の毒でなりませんでした。。

 

 

手術当日のお会計:¥22,390(健康保険も適用)

共済の入院補償型に入っており、今回の手術は日帰り入院で保障適用、現在申請中です。

妊活を意識した時(結構つわりで入院する人がまわりに居たりしたので)保険に無頓着な私がとりあえずこの医療保険のみ入ったのですが、入ってて良かったと思えた瞬間でした。

 

f:id:mimi_blog:20200825183118j:plain

手術前、まだ余裕のある時に一枚

 

■子宮内容除去術を終え、1週間程経過

今の症状やこれから

・出血:手術翌日から生理4日目くらいの量がだんだん少なくなり1週間で止まる

・腹痛:術後全くなし

・その他体調:良好

・妊活再開時期:通常約1ヶ月後に生理がくるそうで、きたらスタートしてOK

・術後3日間は安静指示⇒それからは普通に外出して問題ありませんでした

 

病院関係

・子宮収縮剤が処方され1日3回、1週間服用しました

・手術から2週間後の9/8、経過観察のため再び病院へいってきます

 

 

術後の経過、順調です。

1ヶ月後のリセットに向け今はもろもろ整えていくのみ!

流産は残念でしたが、前を向いてまた妊活するぞ〜と新たな意気込みでいるところです。押忍m(__)m

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

出血・腹痛からの恐れていたこと

 

今日の内容ですが、これも高齢妊活のひとつの事例としてどなたかの参考になればと思い、気持ちもやっと落ち着いてきたので、今回始めての妊娠で起きた私の事象とその結果を書き綴っていきたいと思います。

 

前回妊娠6週目で初診を受け、胎嚢と胎芽らしきものは見えたものの心拍確認は出来ず、2週間後にまた受診する予定でした。

 

7週目に入った頃の朝、ほんの少し出血がおりものに混ざっていました。

 

その日はその一回のみでした。

 

妊娠初期の少量の出血はよくある事のようなのであまり心配してませんでしたが

翌日、小さな黒っぽい血の塊が出ていました。

 

 

 

流産したか・・

 

直感でそう思いました。

胸の張りが数日前からなくなっていた事が気になっていて、

何となく、嫌な予感がしていたのですぐよぎりました。

 

旦那にも伝え、もしかするとという事は話し、その日は日曜日で病院もすぐには行けなかったので初診の時にもらった紙を引っ張り出しました。

 

・出血が生理よりも多く腹痛がある場合はすぐに緊急連絡先へ

 と書いてあったので、その場合は連絡とだけ頭に入れ、その日は安静に過ごすようにしました。

それからは生理のような出血までいかない、少し鮮血が出ている状態でした。

 

 

35歳くらいからは30%以上の流産の確立があるような事はいろいろなもので見たり、

妊娠が分かってからも気持ちの半分以上は常に流産を覚悟していたつもりです。

 

落ち着いて考え、どうするかは明日また判断することにしました。

 

 

翌朝、

やはり9時に産婦人科に電話し、少し腹痛も痛くなり出血も増えていたのでそれを伝えると、今日この後来れますか?と言われた為、すぐに向かいました。

 

受付を済ませ、その日も混み合う産婦人科の待合室で待つこと15分。

名前が呼ばれました。

 

先日と同じ先生に超音波で見てもらうと画面には胎嚢と小さな胎芽は映っているものの1週間前と胎芽の大きさが変わっておらず成長が止まっている。

今回は残念ながら流産による出血で、この後胎嚢が排出される際に大量に出血をすると感染症などのリスクも高まるため、胎嚢を取り除く「子宮内容除去術」をする事をすすめます。と言われました。

 

先生から詳しい手術の説明を受け、早い方がよいとのことだったので急遽、翌日に手術を受けることにしました。

 

この手術、人工中絶の時と同じ内容になります。

 

初診では淡々としてる印象の先生でしたが、説明の仕方がわかりやすく丁寧であまり不安を与えないように話してるように感じ、信頼おける先生かも、とこの時思う事ができました。

 

その後は流産の原因調査のため子宮頸癌とクラミジア検査→手術前検査(検尿・採血・胸部レントゲン・心電図)→看護師さんからも当日の注意事項・全身麻酔の副作用などの説明を受け、昼前には自宅に帰りその日一日仕事は休みました。

 

この日のお会計(実費):¥14,050

ちなみに..今回の子宮頸癌とクラミジア検査は正常妊娠の場合でも受ける検査だったので、初診のあとに母子手帳と一緒にもらっていた市の助成券5,500円分が使えました。

このようなことがあるので心拍確認の前でも母子手帳(=役所での妊娠届&助成券受け取り)もらっておいても良いのかもしれません。流産の場合でも特に役所への連絡は必要ありません。

 

母子手帳もらうタイミング少し早いのでは?と思ってましたが、だから前回先生がもうもらっておいてくださいと言ってたのか・・とここで理解。

 

        f:id:mimi_blog:20200825220242j:plain

 

■7週2日(繋留流産)

受診後手術までの症状

・出血量:夜にかけだんだんと生理2日目くらいの量まで増える

・腹痛:はじめは弱かったものの結構きつめの生理痛の時の痛みに変化(もう薬が飲めたので痛み止めを一回服用。)

・つわり:初めから今まで一切なし(流産の場合でもつわりが残る事もあるようで、私の場合は今回ありませんでした。)

 

その日の流産の報告

・旦那

・私側の家族

・休みをとるため妊娠を伝えていた職場の上司ふたり

 

病院関係

・翌日朝9時に病院へ、日帰り入院(当日朝の飲食禁止、自分で車の運転も禁止)

・寝る前に飲む薬1錠をもらう(胃の分泌物を少なくし麻酔手術中の吐き気をおさえる薬でした)

 

 

今回の妊娠は残念な結果となりましたが今(手術から3日経過)は夫婦ともども気持ちの整理もできてきた頃で、体調はびっくりするくらい良くなりました。

 

今まで眠くてだるかったのが嘘のようになくなってしまいました。


術後3日ぐらいは安静にとのことでしたが、在宅なら無理のない範囲で仕事しても良いとの事で、手術翌日からふつうに家で仕事をしています。私の場合はそれくらいの方が心身ともに調子が戻ってくるような気がしました。

 


というわけで次回手術当日の体験談です。
結構びっくりする事がありました・・

 

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

6週目の初診

妊娠検査薬はじめての陽性確認から2週間後の昨日、ついに産婦人科の初診へ行ってきました。

自宅から車で5分の大きめの病院です。

 

事前にネット予約ができるところで、それでもお会計までなんだかんだ1時間ほどかかりました。

看護師さんたちは柔らか〜いやさしい感じですが、先生は流れ作業的に淡々としたように感じてしまい、今後なにか詳しく質問したい時、ちゃんと聞けるかちょっと気になりました・・

まだはっきりとは分かりませんが、もし産む時は(気持ちの保険的に)無痛分娩を選べるところがよかったので、自宅からも一番近いその病院に決めたわけですが、通ってみて合わなかったら考え直すのもありだなと思いました。キレイなとこなんですけどね..

以前住んでたところで、子宮頸癌検診などで何回か行っていた町の小さくて古めの産婦人科のおばちゃんが良く喋る方ですごく印象的で、ついそこと比べてしまいます。

 

で、超音波での画像はというと胎嚢確認はできましたが、チョンっと粒みたいなのが見えそれが恐らく胎芽らしきものなんですが今日の大きさは1.7ミリ。ゴマくらいの大きさでしょうか?

 

6週目は早くて心拍の確認ができることもあるそうですが、私は昨日の段階ではできませんでした。

少し成長も遅いようで、心配になり聞いたら生理の周期が人によって違うようにこの段階の成長でも個人差がある。

心配することでもないとのことでした。

ほ〜

 

というわけで、2週間後に出直すこととなりました。

助成券がもらえるので次回までに母子手帳はもらっておいてくださいと先生から言われ昨日は有給を1日とっていたので、帰りにそのまま市役所へ。

 

 

あぁ、またドキドキ不安の日々が続きます。。

 

初診の流れは、検尿 →血圧 →問診 →経膣超音波(痛くない)で 

計:¥8,570でした。

 

 

f:id:mimi_blog:20200817224242j:plain

 

■6週2日(妊娠初期)

今の症状

・生理痛のような痛みは治まりつつある

・悪阻なし

・おりもの量多め

・便秘が始まったかもしれない

 

やった事、やめた事

・役所で母子手帳ゲット(今後の妊婦検診助成券やマタニティマークも一緒にもらえました)

基礎体温を毎日測るのはやめた

・ナマモノは控える

・22時〜23時には寝る(夜型でなかなか寝付けないけど布団には入る)

 

最近報告した人

・幼なじみの友人一人に

 

病院関係

・心拍確認の為、8/31(月) に予約完了(8週目)

 

 

 さぁ次はどうだ・・!

  

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

職場へ早めの報告

暑さが本気をだしてきましたね。昼間の日差し、容赦なし。。

 

前回に引き続き、

突然やってきた今の妊娠の状況などについてです。

 

まず、職場の部長・直属の上司への報告は済ませました。

コロナのこの状況でなければ、安定期に入ってからの報告でもよかったと思います。

3月から完全リモートになったとはいえたまに出社する事もあったので、感染者増加のこともありできれば今は都心へ出社は控えたい事を早く伝えたかったのです。

 

まず順番は始めに部長に、次に直属の上司にZoomで直接報告です。

去年入社当初は私が部長の下で働いていた事、その後もわりとコミュニケーションがとれてて、なによりその部長も長男が生まれたのが奥さんと本人が37歳の時だったと聞いていたのでだいぶ話は伝えやすかったです。

直属の上司へも、産休後の仕事復帰はしたい意思を伝えながら妊娠報告をしました。

そちらも問題なく、まだ確定ではないものの二人とも応援してくれたことが心強かったです。

 

産休中の引継ぎの件もあるので、まずは早めに話してくれてありがとうとも私の場合は言われました。

 

早いかなとだいぶ迷いはあったけど、

なんだかんだ話して心が軽くなりました。

 

f:id:mimi_blog:20200811180215j:plain

 

■5週3日(妊娠初期)

今の症状

・たまに生理痛のような痛み(ぜんぜん我慢できるレベル)

・夜、体が熱くて起きる

・悪阻なし(むしろ元気)

・おりもの量多め

鍼灸治療の後、久々に翌日ダルくなりほぼ一日動けなくなる

 

報告した人

・職場の部長、直属の上司

・旦那の両親(家もわりと近く食事を一緒にする機会も少なくないので、いったん今の状況を報告。)

 

病院関係

・気になって今週初診に行こうとも思いましたが、心拍確認ができそうな6週目に入る8/17(月) に決定(予約済)。妊婦検診の助成券をもらう前に産婦人科へ早めに行き過ぎて実費費用がかさんだという友人達の意見を参考に、、

 

次回は 産婦人科での初診結果について書こうと思います。

どうか無事でいてくれますように..

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

妊娠検査薬、判定

梅雨明けとともに、暑い日々が続きますね・・

でもやっと夏らしく気分もあがります。

 

 

さて、前回の投稿から体温高めが続いています。

 

f:id:mimi_blog:20200803123956j:plain

変わらず37℃前後をキープ。こんなの初めてです。

 

ちなみに数ヶ月前のグラフです(妊活初めて3ヶ月頃)↓

f:id:mimi_blog:20200803222532j:plain

高温期もガタガタでした。整ったのは鍼灸治療の効果かもしれません。

 

 

で、今です。

予定日を4日過ぎましたが生理はまだ来ません。

この数日、ハラハラした日々を過ごしていました。

 

早期に判定ができる市販の妊娠検査薬もあるようですが、早く調べて化学流産になったら立ち直るのに時間がかかってしまいそうなので、私は意地で使いませんでした。笑

基本は26日前後の周期で来ますが、妊活を始めてから33日目にして生理が来たこともあったのでここは慎重に。

 

一般の妊娠検査薬は生理予定日1週間後から判定可能と書いてありますが、そこまで我慢が出来るかと言えば出来ず、2本入りを買ってたのでひとまず今朝、起き抜けに使ってみました。

 

ドキドキ..

 

 

 

まだ旦那氏は起きてこないので、判定結果のところを見ないようにして紙で隠しておきました。

怖くてひとりでは見れません。

 

少し経って、旦那が起きてきてからまず先に見てもらいました。

 

どう???

と聞いたら、見方がわからないのでどっちかわからない!と返ってきました(そりゃそうか笑)。

 

近づいて見せてもらったところ、

陽性反応が出ていました。

 

 

私の場合ここで、嬉しい!

という感情はすぐには出てこず、少しだけ安心した気持ち

プラスこの先妊娠を継続できるかなどの不安な気持ちとが今も入り混じった感情です。。

 

(旦那はひとまず安堵の表情..)

喜びすぎず、ひとまずのハグだけしておきました。

 

 

二人ともその後いつも通りのテレワーク週初め、案外冷静なスタートです。

 

こちらに今の症状などをまとめておきます。

 

 ■4週2日(妊娠初期)

今の症状

・寝る前にお腹がチクチクする(少し気になる程度)

・体が熱い、ほてる

・悪阻なし

・トイレが若干近い

・おりものの量が明らかに増えた

・お風呂で洗う時とか乳首が痛い

・少しクラクラする

・お肉を欲する(気がする)

 

やった事、やめた事

・出来るときに仕事後のウォーキングは継続

・サプリも継続(鉄分&葉酸亜鉛、ビタミンB6)

・今日から家でもノンカフェインコーヒーに切り替え

・漢方はひとまず中断(桂枝茯苓丸、温経湯)

・週末の鍼灸は継続

 

報告した人

・私側の家族(叔母、最近2人目を出産した従姉妹)

鍼灸の先生

 

病院関係

・6週目である8/17(月) に、車で10分以内の産婦人科の初診予約完了

 

 

 

6〜8週目の心拍確認ができるまで気を抜かず、なるべくリラックスして過ごし、良質な食事と睡眠を心がけて過ごしたいと思います。m(__)m

 

 

つづく..

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

スタバでデカフェを頼んだら妊婦に間違われた高温期9日目

 

コロナ太りが進みついに妊婦と間違われ、うっかり妊婦のふりをしてしまいました。w

あと37度ちょっとの微熱が続いている件も少しだけ.. 

 

本来ならオンリンピック開幕であった4連休、最終日の話です。

 

本題とずれますが来月引っ越すことになりました。

以前からずっと猫が飼いたくて、今回ご縁があり保護猫を譲っていただけるというお話があったのでそちらに行ってきました。

 

引越し先は近場で以前より狙っていたペットOKのお部屋。

家に居る時間が増え、夫婦どちらかはだいたい家に居るので面倒も見れるかなと思いやっと実現です。

 

猫ちゃんとの対面でなんとなく印象が良いように(?)お気に入りかつ楽チンなロングスカートを久々に履いて出かけました。

お腹周りが少しキツくなっていたのはゆとりのあるトップスと合わせてごまかしました。

 

保護猫の施設では可愛い子と巡り合え、来月引越しが落ち着いてからのトライアル開始です。

 

その帰り道。

家に帰る前に主人が突然ラーメンが食べたい!と言い出したものの、私はそこまでお腹が減ってなかったのでラーメン屋にはひとりで行ってもらい(笑)私は猫ちゃんを迎えるにあたり、やる事リストや必要なものリストを整理させるため駅中のスタバに入りました。

 

コーヒーを頼もうと思いましたがちょっと気になることがあり、メニューを見てしばし考えました。

 

今回の周期では高温期9日目くらい。

体調は普段とは至って変わらずですが、ここ数日37度台の微熱が続き、なんとなくカフェインを控えようと思いました。(味覚あるのでコロナでもないはず)

 

 

f:id:mimi_blog:20200727154749j:plain

いつもより高めの高温期。夏のせい?

 

甘いものが飲みたかったのでカフェモカデカフェバージョンを頼んだのです。

 

お会計中にレジの方に「妊婦さんですか?」となんの悪びれもないかわいい笑顔で言われ何故か勢いで「...はい」と言ってしまいました。

 

否定するのも100パーそうではないし、実際妊婦かもしれない期間はこういうの上手く交わせないです。笑

 

妊婦さんのようなゆったりシルエットの服装に、お腹もふわっと出ていたのでしょうがないかなと(自分を納得させ)カフェモカを待ちました。

 

なんだか嬉しいような気持ちにもなりましたが、ここで浮かれていてはいけませんね。。

 

f:id:mimi_blog:20200727152821j:plain

 

そして今朝微量の出血のような、生理の終わりかけのような色のついたおりものが出ていて生理か?とも思いましたが、数時間でおさまり着床出血と思わしきものだと思いました。

 

前にも一度、生理の数日前に微量の出血があったのですが今回は妊娠に期待したいです。

 

 

もしや昨日のスタバの子エスパーか!??

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村